FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀞川山スノーシューハイク(2018.02.07)

Blogが遅くなってごめんなさい

店長の市村です。

今回のBlogはスノーシューハイク&地図読みミニ講習でございます。
この時は兵庫県北部でも久々の晴れ間!ということで行ってまいりました!

瀞川山スノーシュー (2)

今回の参加は今年のOMMレースにも当店から出場してくれるNちゃん(僕とは初のお山ツアー)に
今年は八ヶ岳でも抜群の写真を撮ってくれてたN君
のN&Nをお連れしての地図読みスノーシューで楽しんで来ましたよ!











到着直後
二人に現地地図を渡し、目的地へと向かうルートを考えてもらう!
NちゃんはOMMレースにも出場経験があり、地図読みも興味をもってくれてて、
今回の雪上での地図読みも楽しみにしてくれてました。


瀞川山スノーシューハイク (1)


今回のスノーシューハイクは事前に山は伝えず来ましたので、
この時点で二人は初めて今回の地形図を見ることとなる。

無雪期に比べて遥かに難しい地図読み。
タイミングによっては他のグループのトレースがある時もあるのだが、
果たしてその先行者のトレースが自分達の目的地とは限らない。

僕自身も昔に先行者のトレースを歩き、とんでもない所に行ってしまっていた事もありました。
引き返すしか無く大変でした。吹雪だったり帰るトレースが消えてたらと思うとゾッとします。

瀞川山スノーシュー (10)
スマホのGPSが発達してるのでいずれは地図読みなんてしなくなる事になっちゃうのかな~
なんて思っちゃいますが、ココはアナログな勉強しとくことで、イザってときにも役に立ちますのでお勉強です。
それにやってみると地図読みも楽しいもんなんですよ!





さーココからトレイルへと入って行くのですが、もちろん雪の上
無雪期と違い登山道は雪の中
地形図とそこに見える地形だけが頼りとなる。

瀞川山スノーシューハイク (3)


今回が初のスノーシューとなるN君
先に歩くNちゃんのトレースを歩くよりも新雪を楽しむ!

瀞川山スノーシューハイク (14)

瀞川山スノーシューハイク (27)

慣れるまでは歩くだけより遥かに時間を使います。
瀞川山スノーシューハイク (30)

瀞川山スノーシューハイク (35)


何度も何度も地形図を確認し、細かく地形と現在地の確認をしてもらいました。
地図読みを経験しているNちゃんには、その度に「何故、現在地がココだと思う?」
って感じで僕から問いかける・・・

コレが結構大事で、理由があって初めて考える事となる。
なんとなくはわかっていても理由付けすることで、地図読みの自信に繋がるように思います。


瀞川山スノーシューハイク (49)

地図読みが目的とは言え、こんな晴天の中スノーシューとなると気分は最高です。

瀞川山スノーシューハイク (62)

そして!なんとも珍しい事に、僕を含め今回参加の二人もカメラ好き!!!
って事で写真も楽しんでくれてました!


瀞川山スノーシューハイク (106)


瀞川山スノーシューハイク (59)


瀞川山スノーシューハイク (103)

地形図見ながら思いのままに歩くコレが雪ではできちゃうんですよね~
自分で決めたルートを思いのままに歩けるからこそ低山でも大満足に楽しめちゃうんです。

瀞川山スノーシューハイク (109)

山に来てもう一つの楽しみが、「山ランチ」
ココからは3人で食事の為のチェアー&ローテーブル作り!
まずはおおまかに使う場所をスノーシューで「ガシガシガシガシ」って踏み固めます。

瀞川山スノーシューハイク (119)

足を下ろす場所をショベルで「ホリホリ」
瀞川山スノーシューハイク (120)

こんな晴天で大満足にもかかわらず、雪の中マッタリご飯が食べれるなんて最高です。
瀞川山スノーシューハイク (123)

バックにぼやけるNくんの雰囲気でご飯も楽しんでるのわかるでしょ!
瀞川山スノーシューハイク (128)

マッタリとした時間を楽しみ下山準備
今回は3人共「山と道」MINI2とMINIが山に映えてましたよ~

瀞川山スノーシュー (22)


スノーシューの楽しさは!!!
下りにあり!!?

「バフバフ」の雪を巻き上げながらの下りは気分最高!

瀞川山スノーシューハイク (171)

N君もカメラ片手に猛ダッシュ!バフバフ最高~
瀞川山スノーシュー (3)

瀞川山スノーシュー (1)

瀞川山スノーシュー (13)


僕となばちゃんのコラボダッシュ!
カメラマンの上手さが際立つ1枚ですね~

瀞川山スノーシュー (12)

最後の最後まで走り降りました!
瀞川山スノーシューハイク (10)

今回のように晴天さえ続けば笑顔も続く!
山はホント何してても楽しいですね~

カメラ部も有りだったな~
またカメラ部で行きたい!

皆さんお疲れ様でした!また行きましょう!

最後は僕のデスマスク作りを激写するNちゃん
っでお別れです


瀞川山スノーシュー (11)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。