雪山に最も重要な「三種の神器」の役目


雪山シーズン到来!どうも~店長の市村です(≧∇≦)/
やっと雪遊びができるようになってきましたね!

今回は雪山「三種の神器」のビーコンが入荷しましたので、それに纏わるお話しとご紹介です。


ピットチェック&ビーコン講習 (40)




本格的な雪山登山やバックカントリーエリアでパウダーを滑ることやスノーシューを楽しむためには、揃えていくべきアイテムがたくさんあります。
その中でもビーコン、プローブ、ショベルは雪崩捜索に欠かせない最重要アイテムで「三種の神器」とも呼ばれています。
ここではそれら3つの道具がなぜ必要なのか、その役割についてご紹介します。

何故「三種の神器」?と呼ばれるか?
実は自分の為に持つ役割よりも、「仲間のため!!!」が殆どです。

何と言っても「持っていないと仲間を助けることができない」ので三種の神器なのです。

だからといって、どの冬の山にも三種の神器が必要かと言うとそうでない山や場所!環境によっては必要無い事も多くあります。

戻りますが!
誰かが雪崩に巻き込まれたときに、その人を助けるのに欠かせないアイテムです 。
まずビーコンを受信モードに切り替えて埋没場所を探し出し、プローブを長く伸ばして雪面に刺し、埋没者のいる場所を特定し、その後ショベルで掘り救援します。(簡単な説明ですが・・・)

つまり、三種の神器を持っていなければ、自分が埋まったときに助けてもらえないだけでなく、仲間が埋まったときに助けることができないのです。

例えばみんなで雪山に出かけるときに、誰かがこれらの道具を持っていなかったとすると、当然周りの人は「あーこの人は自分や共に歩く仲間のことを助ける気がないんだな」と感じてしまいます。

自分も何も知らない若い頃、安物のビーコンで雪山講習を受講した時に、
講師の方に「こんなビーコン持ってる人はスグに買い替えて下さい!」って言われたことがありました。(何を持ってたかはお店にて)
今思えば恥ずかしくもありましたが、言われても当たり前だったなと思います。

三種の神器は自分はもちろん仲間に、もしものことがあった時のためにも、三種の神器は手にしておきたいところです。


まずはプロープ!
プローブは遭難者がどこに埋まっているかを見つける探り棒です。
ビーコンで埋没地点を特定し、折り畳み式のプローブを伸ばして雪面に刺し、ショベルで雪を掘り埋没者を捜索します。

IMG_0616
他にも写真のように雪の深さを図ることや、刺した感覚で雪の硬さや、弱層などの事までわかる方もいらっしゃいます。


そしてショベル!
埋没者を掘り出すのに欠かせないショベルは、雪質チェックや雪洞作り、テント設営時にも役立つアイテム!
日帰り雪山ハイクでの雪のテーブルにも戦力となります。

大日岳(2013.2 (128)

P2250058

P1070382

前置きが長くなってしまいましたが今回のご紹介アイテム!
ビーコンです!

「MAMMUTのBarryvox」


IMG_2838_201712161833440e2.jpg


今回NEWモデルとなって販売されたので、ご紹介致します。

新しいBarryvox ®は、昨年まで販売されてたビーコンよりも広い捜索帯域幅と受信帯域を持ち、
なんと!「捜索帯域幅70m」
と大幅にUP⤴
なのに値段は42,000+税と前回までと変わらずの価格
自分の前モデルを使用しておりますが、使用感も直感的にわかりやすく、グローブのままでも操作性はストレス無く扱えますよ!

そんなNEWアイテムのご紹介致しましたが、「三種の神器」に戻ります。

ビーコンは雪崩に巻き込まれて埋まってしまった人の位置を特定するために必要な機器です。

信号を発信する送信モードにセットしておき、雪崩が発生したら捜索者側が受信モードに切り替え、
埋没者のビーコンが発する信号を捉える形で位置を探し当てます。
ビーコンを所持していない埋没者は見つけるのがとても難しく、もはや運任せとなってしまいます。
その場合の生存率は限りなく0に等しくなるといわれており、ビーコンの所持は欠かせません。

年々いろいろなビーコンが発売されておりますが、「デジタルは年々進化し続けてる」
そうなんです!ビーコンだけはNEWモデルに越したことはない!って言っても毎年買い替えはできませんが・・・(*>_<*)

雪山はハードルの高い遊びにはなりますが、決して山好きを後悔させるような事は無いって思えるほどの体験や景色を満喫できると思います。

楽しむためには体力はもちろんですが、知識もスキルもUPしたいですね!

当店では購入時に初期説明を希望される方がいらっしゃったら、事前に予約を頂きたいですが、
店頭で説明し、店外で操作方法やビーコンの捜索時の反応なども!
実際に購入して頂いたビーコンでご説明も致しますので、是非ビーコンを見に来てくださいね



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク