イベント報告!楽しくトレイルランニングを遊ぶために大事な事!



どうも店長の市村ですm(_ _)m

この度8月8日に、講師:恵川裕行さん(伊賀トレイルランナーズクラブ)、川口靖弘さん(日本山岳協会認定登山ガイド)を招き、楽しくトレイルランニングを楽しむために!をテーマにお話しして頂きました。



トークイベント (10)

当店として初のトークイベント!緊張と楽しみを懐き当日を迎え、多くのお客様が参加して下さいました。
トークの内容は主に恵川さんにはトレイルでの装備やトレーニング方を!
川口さんにはエマージェンシーを中心に、山で楽しく遊ぶための自身の心構えや山の事故等をお話し頂きました。

他にも質問タイムやお二人の装備を手にとって見て頂いたりと!大満足なトークイベントになりました。




今回お招きし話して頂こうとなったのは、恵川さんはとにかく軽量であっても、安全を重視しトレイルランでも登山でも!遊んでる場所は同じである事を踏まえ活動されてる方だし、
川口さんは昔っから山の厳しさを踏まえ自分の仲間のことを考え安全対策や、
楽しく遊ぶためにどんなことでも練習を重ねてから!
そんな方達だからこそ今回お話し頂くこととなり、当店には最高な講師であると!

最初に恵川さんにお話しして頂きました。
まずはご自身のご紹介。
恵川さんは三重県伊賀市にてトレイルランニングクラブ「伊賀トレイルランナーズクラブ」←コチラをClick!!! を結成。
フォトロゲイニングやトレランイベント、トレイルランニングレースを主催するなど、イベント実行にも携わりながら2016年のTJAR(トランスジャパンアルプスレース)完走の実績を持つ、トレイルランニングの裏表を知る方で、当日はもっと細かなプロフィールが紹介されてましたよ~

:TJARについて!
富山湾(日本海)~北アルプス~中央アルプス~南アルプス~駿河湾(太平洋)総距離415km/
累計標高27000mを、誰のサポートも受けず自身の足のみで8日以内に走破する!過酷なロングレース

トークイベント (2)

川口さんは日本山岳協会認定登山ガイドの資格を持ち、豊富な登山・クライミング経験を持つ山のスペシャリストです。

川口さんはとは、古くからの山仲間で、一般登山からクライミングや冬季山行も!季節を問わず春・夏・秋・冬・山を知る山岳ガイドです。とにかく川口さんは昔っから山の勉強は人一倍熱心で、自分が気になったことは自ら検証してみないとって感じで、とことん調べ、更にわからないことは、お金を払ってでも追求してる大先輩です。

ご自身で「Hiro Mountain Planning」←コチラをClick!!!ガイドツアーも開催されてますのでツアー参加ご希望の方は是非御覧下さい。


IMG_8055

さてさて!今回のお話しの内容ですが、お二人のお言葉を全てお知らせするのは難しく、変な伝わり方をしてしまいそうなので、ココでは一部とさせて頂こうかと思います。

今回のお話しで、終わってみれば参加された方からのコメントでも、多くのコメントが「自分の危機管理やエマージェンシー装備の甘さ」を皆さん反省された方々が多かった様です。
もちろんそれだけではなく多くの方が恵川さんや川口さんの山の装備に興味津津でした!

第一部のお話しで!何故TJARにはまるのか!何故楽しいか!等お話し頂きましたが、
恵川さんのTJARの装備のご紹介では皆さん前のめりw
当日は装備を持ってきてもらい、皆さんに披露して頂きました。


トークイベント (12)


実際の重量なども持って頂きましたが、第一声は!!!「軽っ!」それもそのはず!ザックウエイトは3kg

トークイベント (11)

ですが、その山力に合わせた装備は、バーナーや非常食はもちろん!
ギッシリのファーストエイドキット!にテントではなく、
シェルター&当店でもおなじみの「山と道/Minimalist Pad」わずか53g
を更に改良してましたね!そのマットの使い方は寝る時に使用や停滞時の寒い時にお腹に巻くなど!使用工夫も!

トークイベント (13)

ストックシェルターの速い設営の仕方も披露!
IMG_8028


もちろんそれにも入って体験してもらったり!
IMG_8036

恵川さんにホントに多くを語って頂きましたが、中でも印象に強いのは、エマージェンシー装備の多さ!装備を軽くした分、どんなエマージェンシーを持ち、山に挑んでいるのか!?皆さんもかなり気になってた事かと思います。
見て頂いた方はおわかりでしょうが、ジップロックに入れられてた量は2.5L程はありましたね~
僕自身トレランの方やULの方で、必要なエマージェンシーの量をお持ちになってた方は初めてです。

個人的に恵川さんと話してた時のお話しですが、「如何に削るのか」ですが!コレも伝わり方はそれぞれ!
如何に持って行くものを減らすのか!?って考えてしまうと必要な物も「今日は良いか!」や「低山だから大丈夫」ってなってしまいますが、「必要な装備を如何に軽くするのか!」と話してたんです。あくまでも削るのはグラム!重量の問題で、必要な物はいつも必要!伝え方一つで違うよな!って

今回の恵川さんの装備の工夫も、自身のレベル(山力)に合わせて真似していけるといいなって思いました。
自身の器量に合わした最低限の装備でどのように工夫しながら楽しむのか!これからも多くのお客様といろんな話ができればもっと楽しくなるだろうな~なんて思っておりますm(_ _)m

ですので!!!買い物なくても是非是非遊びに来て下さいね!


そして2部は!

日本山岳協会認定登山ガイドの川口さんにお話しを!
お話しはファーストエイドの装備と工夫について!そして遭難などの危険性も話して頂けました。


トークイベント (24)

ファーストエイドって何故必要!?
山の中で自分達の身近なところでケガや体調不良者等が出てしまった時に出来る事は!!!「あくまでも外傷の軽処置のみ」!!救助要請してから救助に来てくれるまでの間、どれだけ要救護者の痛みを和らげたり精神的ダメージを解してあげたりできるのか!?などお話ししてくれました!



IMG_8051

そしてご自身のファーストエイドキットをガイドバージョンと個人バージョンも見せながらの詳しいトーク
なかなか人の装備ってマジマジと見れないですからね~
今回の様に山で活躍されてる方達の考え方や装備等が目の前で見れる!感じれる!って最高ですね

僕も川口さんに比べるとまだまだ甘い・・・(+o+)


IMG_8054

いろいろな話の中の一つで!下の写真が!骨折等された方の固定するためのものですが、
IMG_8061


凄く身近なところからの代用品で、コレまた!!!なんと牛乳パックやお酒の紙パック!
「もちろん洗ってます」wなんて言いながら(≧∇≦)/
コレもまたなかなかいい勉強になりますよね~
紙パックくらいならザックに忍ばせて!も現実的に可能ですよね~僕自身も入れとこう!

IMG_8060


ホントお二人の話したことはもっと多く、もっと詳しくだったので、ホント当日に聞きに来て頂きかったです。

最後に皆様からのフリートーク!各々お話しを聞く中で質問や疑問などお持ちだったようで、
飛びつくように聞きに行ってもらえました。
やっぱり聞きたいことは直接聞くのが一番ですね!


IMG_8079


IMG_8080


IMG_8096


IMG_8098

最後に今回ご参加くださった方々と共に記念撮影。

トークイベント (26)
もちろんポーズは「伊賀のニンジャ」で決まり!

皆様ご参加ありがとうございました。
次回もトークイベントも開催できるよう頑張っていきますので宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク