小豆島バイクパッキング/千羽ヶ嶽 1日目(2017.05.13)

やっとの思いでお出かけして来ました~( *´艸`)
店長の市村ですm(__)m

靭帯断裂から早くも二ヵ月半!どこにも行けずモヤモヤした中でしたが、リハビリがてら自転車はOK!
とのお医者様からの嬉しいお言葉( *´艸`)

山も低山なら気を付けながら歩いてOK!
って事でご近所からでも良かったんですが、モヤモヤはご近所では晴れるわけない!!!そして悩む・・・( ;∀;)

「自転車OK!低山OK!?」・・・・・・・・・( *´艸`)

考えた結果!

バイクパッキングで出かけよう!!!

小豆島バイクパッキング (1)

選んだ先は!!!小豆島(^^)/
今回は久しぶりって事もあって、とにかく楽しんで来ましたよ~







今回の旅は男四人の「船・自転車・足」の旅
皆の都合上集合は朝の9:30にお店に集合!車に4台の自転車を積み姫路港へ向かいます。
当日の天気は雨模様での集合となってしまった!
っが!フェリー乗り場に着くと天候は回復(^^)/


天気も微妙だったせいかフェリーは混んではなっかた

IMG_1241

車と同じくバイクを固定し、早々と船内へ

IMG_1243

フェリーで暇と元気を持て余すユウキ(笑)
小豆島バイクパッキング (11)
実際は登ってません!(当たり前)

今回はフェリーで福田港へ!
自分の足の様子も見ながらの遊びなので、一日目は福田港から436号線海沿いを南下し、
橘までバイクを漕ぐ!
そして目指すは「千羽ヶ嶽」
(千羽ヶ嶽は小豆島の東方に位置する岩山で、瀬戸内を代表するクライミングゲレンデである親指嶽の後方にそびえる。山頂に立つには岩壁を登る場所があるが、登山道は全体的によく整備されていて、危険度はそれほど高くない。)


小豆島バイクパッキング (17)


バイクを漕ぐこと9㌔程橘へ到着

この景色見てテンション上がらんクライマーはおらん( *´艸`)

IMG_1334


登山道までバイクで激登り(笑)

登山道付近にバイクを止める。
僕はまだ荷物を担いでのハイクは・・・って感じなので、バイクにパッキングしてきたトレランザックに必要な荷物をまとめる
ゆうさんもトレランザックスタイルのパッキングしなおす
他のみんなは30L前後のザックなのでそのまま担ぎハイク開始!

登山道は前日の雨でビチャビチャ( ;∀;)
登山道下部は葉が覆い、ひざ下藪漕ぎ状態で、すねは濡れるばかりか、道もわかりにくかった。たった10分だけですが(笑)


小豆島バイクパッキング (23)

千羽ヶ嶽にはクライミングのルートもあるので、ウチのお客様にはテンション上がる山で、一般登山道から少し外れ、
岩々ルートへ!


小豆島バイクパッキング (91)

これがまたみんなのボルテージをMAXにするルートで序盤から楽しさを隠せない(笑)

小豆島バイクパッキング (28)

背中で語る!ベストキットスタイル
唐松岳の記憶が蘇る一枚


小豆島バイクパッキング (95)


小豆島バイクパッキング (97)


小豆島バイクパッキング (105)


小豆島バイクパッキング (29)

岩々ルートを登り終えた後「やったった顔」
コウナルの図

小豆島バイクパッキング (110)
ここまで岩が濡れてなければもっと良かったが、少しは乾いてくれてるだけで大満足!
これ以上濡れてると一般登山で登るしかなかっただろうな

千羽ヶ嶽の山頂を踏みに行き、まったりしてから下山した。
山頂でも海風を感じる「千羽ヶ嶽」

次はクライミングで来よう!とみんなで話した。

そしてその後は、436号線を西へと進み、今回のテント場!「小豆島ふれあいキャンプ場」へ向かう。
距離は約13㌔移動する。
ここまでは足は大丈夫そうだ。「千羽ヶ嶽」からの下りは流石にきつかった(。-∀-)
靭帯切ったらあかんね・・・

キャンプ場までの道のりで一か所!やたらと長い登りには参った(笑)
バイクも久々で漕げない事にモヤモヤしながら登り切った

そしてキャンプ場に到着!他のキャンパーは2名のみ。二人ともバイクでテント泊をされてました。(エンジン付き)

今回のテント達は、4張りとも軽量でファストパッキングにはもってこいのアイテムばかり!
完全自立式~ワンポールテントまで!!!今回はみんなに使ってもらい、自分で張り実際寝てもらう事ができた。


小豆島バイクパッキング (135)


小豆島バイクパッキング (128)


小豆島バイクパッキング (133)


小豆島バイクパッキング (131)


小豆島バイクパッキング (130)

今回使用したテントは月末の25日の日曜日まで、「2号店アウトドアショップ」にて店頭で展示しております(^^)/
是非自分で張ってみたり寝てみたりしに来て下さいm(__)m
コンパクトな上、設営も簡単ですよ!
今回の使用感などもお話し致しますので宜しくお願い致します!!!


そしてテントを張り終え一休み!今回はテントで自炊ではなく、ご当地ならではの食事をしよう!!!
って事で、キャンプ場周辺を散策。

結果何も見つけられず・・・だったので「村人発見」って感じに地元の人に聞き込みし

「新鮮なオリーブオイルをタップリ使ったお店があるよ!」って情報ゲット!もちろんバイクで自走開始

キャンプ場から約3㌔!

瀬戸内海とオリーブ畑を見下ろす絶景と、良質なオリーブオイルをふんだんに使った料理を楽しめる
レストラン「忠左衛門」に到着!

決して小汚い
短パンTシャツで気軽に入れる雰囲気のお店ではなかった・・・((+_+))・・・っがしかし!!!快く席へとご案内してくれた

ここもゴールデンウィーク前にオープンしたばかりのお店で、外観から内装までとにかく綺麗で景色も抜群
何より!!!ここのパエリアが旨すぎ!!!今回食べた物すべては写真が無いですが、小豆島を回る際は是非食べて欲しい!

パエリアごとに使うオリーブオイルも違い、それぞれの風味を楽しめるのはいい!小豆島と言えばオリーブ!
まさにこれだった

IMG_1329

IMG_1330

IMG_1331


そして一日目はキャンプ場に戻り、コーヒーにビールにおつまみで一日の思い出を振り返る。

小豆島バイクパッキング (41)

各自シャワーを浴びて終了

二日目は晴天予報!
翌日に期待しながらの就寝となったm(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク