FC2ブログ

八ヶ岳 赤岳 雪山登山(2011~2012) 3日目

とうとう本日は3日目!

少々雲行きの怪しい一日になりましたが、下山だけの最終日。

多少の天候の崩れはお構いなし!


(2139).jpg

赤岳鉱泉のアイスウォール!登ってるあの方は!!!まさか!!!




3日目の朝。テントから出ると残念なガス。

昨日はキレイに見えた赤岳も全く見えず(泣)


B3.jpg



最終日は下山のみ。もちろんのんびりテントの片付けを済まし、

8時30分にパッキング終了!


B3 (5)



行きは南沢から登ってきたので、帰りの下山ルートは、北沢で下山する事にした。

まずは、展望台を目指し、赤岳鉱泉まで移動する。


B3 (6)



展望台への分岐点に到着。展望台まで上がるか話し合い。

当然この天気!全員一致で鉱泉に向かう事に決定w


B3 (7)



行者小屋~赤岳鉱泉までは静かな森歩き。

軽く雪の舞う中の森歩きは気持ちいい!


B3 (2)

B3 (3)



しばらく歩くと赤岳鉱泉に到着。

RIMG0453.jpg



アイスを登ってる人もいたので、みんなで見に行く事に!


むむ!右奥の方に見覚えが!!!・・・・・やはり!!!

P1050843.jpg



山の大師匠!!!!!以前、違う山でもお会いしたが、またまた奇遇!

今年は御縁がありそうな予感!

「本年も宜しくお願い致します」

B3 (17)



しばらく勉強がてら見学させて頂きました。

Yカメラ (111)

B3 (18)



いつまで見てても飽きる事はないが、下山の時間もあるので、挨拶を終え、

下山の準備に取り掛かる。


B3 (8)



下山開始!今にも降り出しそうな感じ。

B3 (4)




いくつか木でできた橋を渡り、沢をまたいで行く。


B3 (9)

B3 (10)

B3 (11)





しばらく下山してると、とうとう雪が本降りに!最終日で良かった~(汗)


B3 (12)



ここまではアイゼンを付けて下山してきたが、

さすがに登山道の雪も減り、アイゼンを外す為小休止。


B3 (13)



ここを抜ければ美濃戸山荘はすぐそこ!

B3 (13)



美濃戸山荘に到着。


B3 (18)



初日の出発の集合写真を撮った登山口まで一週して来た!


B3 (23)



ここまで来れば林道を下り、駐車場に戻るだけ。

しばらく雪景色を見ながら最後の休憩を山荘でとった。


B3 (25)



休憩後、今回の山行の話や今後の山について語りながらのんびり下山。

B3 (14)




今回の3日間。元旦当日まで天気も安定してくれて、

ホントにイイ正月を迎える事が出来ました。

今回はプライベートでみんなと歩きましたが、今後も是非一緒に歩きたいもんです。

皆さんお疲れ様でした。


B3 (15)
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク