FC2ブログ

唐松岳テント泊ツアー2日目(2015.7.11~12)


二日目
メッチャキレイな朝日
雲海は多く濃くはでませんでしたが、本日も「快晴」

P1140779

後半は下山のみですがサクッとお届けしますよ~







夜明け前。
テント前室で朝のコーヒーを準備

P1140761

唐松岳の山頂までは、のんびり歩いても15分有れば到着するので、日の出を頂上で待つのではなく、登りながら景色も変わって行く様を見よう!って事で、4時20分頃から歩き出し山頂を目指す。

P1140768

出発時から明るくヘッデン無しでも歩ける中でしたが、山頂までの中間で太陽が上がりだした。
P1140774

P1140778

P1140781

小屋の上でも朝日目当ての宿泊者が
P1140794

ウチのツアーではみんな照れ屋で、まず無かった「さ~撮りますよ~3・2・1」的なやつ(= '艸')ムププ
コレはコレで(゚з゚)イインデネーノ?

P1140799

唐松岳山頂にて。
他の登山者の方が撮ってくれました。「ありがとうございました。m(__)m」

P7120230

暫く山頂で撮影会!
思ったより寒くなくゆっくりと過ごせました。

P11406811.jpg


下山前にパノラマで
P1140846

小屋の下のテン場に戻ります。
P1030233

本日は下山だけなので、朝食やらテントの回収や片付けもあるので、9時までゆっくりと過ごしました。
P1030240

9時になり、下山開始
天気が良いだけに帰るのは勿体無く感じます。

P1140849


P1140857


P1140873


P1140878

下りの雪渓はホント滑る。
下山時は慎重に(☆ω☆)キラリ

P1140884


P1030268

下りはあっという間。
本日も天気は快晴な為、標高が下がる毎に気温は上がって行くのがわかる。

P1140894


ある程度下ってしまえば、ご覧のとおり!人だらけ。
さすが日曜日ってヤツです。写真はあまり撮らず。

P1140899
下山は2時間30分と地図よりは30分早めの到着でした。
やっぱり下山はリズムに乗っちゃえば楽だし早いですね。
行きと同様に八方池山荘からリフトとゴンドラを乗り継ぎ車まで下山しました。

今回は出発前から台風の心配もしてましたが、終わってみればこの2日間は晴天の一言。
いい感じにツアーを終了することができました。
ホント皆さんついてますね~

次回もこの調子なら最高です。皆さんお疲れ様でしたm(__)m
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

(^_^)v
イッチー達の10日後位に我々も快晴の中ほぼ同じルート楽しめたよぉ~

あの全体的に斜めになってる唐松のテン場で上手くニンジャタープ活用したね(^_^)v

このコースは積雪期も含めてアプローチは楽で危険性も低いから皆で行く山行には良いんだけど大阪・神戸からの交通アクセスが時間かかるのがねぇ~

5時間以内なら良いのにね.....................
やっぱり、なんやかんやで6時間程かかるもんね(+o+)

でも良い入山(^_^)v

No title

Hiroさん
白馬三山~唐松岳縦走イイですね~テン場の天狗山荘も懐かしい!朝日見ながらのコーヒーは最高だったでしょ!

天狗の大下りからの不帰はうらやましい。僕もみんなで行きたいもんです。ウチのお客様も、このルートは楽しんでくれるでしょうが体力次第ですね。秋には2泊3日の予定考えてるんですけど、それに向けて皆さんには歩いてもらわねば!って感じです。
夏の日差しはキツくニンジャタープはメッチャ良かったですよ。みんなも喜んでくれました。
毎回持っていれば、天候が悪化してもみんなでご飯も食べれますし、ツアーにはもってこいのアイテムです。

長野がもっと近ければ最高ですね。でも近すぎると遊びすぎてしまいそうですが・・・(-_-;)
HiroさんのBlog楽しみにしとります(・ω<)
プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク