FC2ブログ

野伏ヶ岳(2014.4.12~13)後編

いよいよ雪の残る、野伏ヶ岳ピークへ!

「この貸し切られた山頂には笑顔と青空

360度見渡せる絶景しか無かった・・・」


野伏ヶ岳 (144)

「・・・なんて贅沢だ・・・時間をずらした事が・・・こんなご褒美に・・・」


って!何のセリフや オリャ(ノ-o-)ノ ┫;:・.

以前雑誌で書いてたセリフ(゚з゚)イインデネーノ?







前回の続き

出発準備も終え


野伏ヶ岳 (64)

野伏ヶ岳を眺めながらダイレクト尾根の取り付きまで。

尾根まではのんびり歩ける平坦な道でUP!!には丁度いい感じ


野伏ヶ岳 (68)

ダイレクト尾根に取り付き、ここからが野伏ヶ岳のガッツリ歩きのスタート

みんなが想像するより遥かに急登が続く


野伏ヶ岳 (75)


野伏ヶ岳 (82)

尾根まで上がりきったところで小休止。

ですがまだまだ続く尾根・・・体が冷える前に進みます。


野伏ヶ岳 (85)


野伏ヶ岳 (95)

この急登な感じ!わかって頂けますかね~結構シンドイ登りがずっと続く

写真の上部に写ってる広場が今回のテン場の和田牧場跡


野伏ヶ岳 (107)

先頭から撮ってた写真でここがどの辺りかわかりにくいですよね~

あと少しで山頂なんですよ

サングラスで写ってませんが、目はこちらを見ております。(∩゚д゚)シーーー


野伏ヶ岳 (113)


尾根を登りきるとこの景色!

白山方面を見るとこの景色!キツイ登りもこれがあるから頑張れちゃうってとこが登山のいいところの様な


野伏ヶ岳 (243)

これが最後の急登。

みんなの後ろ姿が何とも勇ましく・・・


野伏ヶ岳 (132)

太陽に向かう様な登山。最後の直登の辛さが体にくる

野伏ヶ岳 (140)



野伏ヶ岳山頂に到着~~~たかが1600㍍されど1600㍍

腐った雪は足運びが悪く、体へと負担として伸し掛かる
急登続きの春の野伏ヶ岳。


野伏ヶ岳 (142)


白山バックに完登記念写真!天気も最高です「みんな!お疲れ様~」

野伏ヶ岳 (143)

山頂で各自写真撮ったり、行動食食べたり、水分補給したり

さすがに山頂!天気が良くても風は冷たく、15分程で下山の準備をしました



そして下山は!!!尻セードで下山開始

野伏ヶ岳 (146)

ピッケルをしっかり使いながら、スピードの調整をしてもらいます。


野伏ヶ岳 (148)

あれほど苦労した尾根もあっという間に尾根を下り切ってしまった

野伏ヶ岳 (152)

無事みんなで、テン場に到着 
皆さんお疲れ様


野伏ヶ岳 (154)

テントに戻ったのは夕方。

天気も良く風もない!これは絶好な環境!!!
みんなで外で食べれる内に食事を取っちゃおうって事で早めの夜食


DSCN1025


DSCN1027


DSCN1028


食事も済み、徐々に日が暮れていく・・・

風もないこんな天気に広々とした場所で、景色を眺めながらの食事、最高に贅沢


DSCN1035


そして日が暮れてもみんなで話し込み、夜も満喫した

野伏ヶ岳 (153)


翌朝

今日は来た道をたどり下山のみなので、朝食ものんびりと!


DSCN1036


10時30分頃
荷物を片付けだす


野伏ヶ岳 (161)

野伏ヶ岳 (160)

いち早く片付け終え、座りながら寝てる沼っち
気候がちょうど良く寝れるのわかる(つд⊂)ゴシゴシ


野伏ヶ岳 (164)

さー下山開始

野伏ヶ岳 (168)


野伏ヶ岳 (174)


帰りも多少ショートカットし、森を抜け下山して行きます。

野伏ヶ岳 (176)
下山は写真は行きとは比べられないスピードで下山しちゃいました(゚з゚)イインデネーノ?

いつも思うのは、登りと下りでは時間がぜんぜん違う

うだうだ話しながら車まで戻りましたとさ・・・



最後にちゃ~もっちゃんの思い出写真でしめたいと思います。

野伏ヶ岳 (263)

今回も満足な山行だったように思います。
参加して下さった皆様。本当にお疲れ様でした。m(__)m

また次も何処かへご一緒したいもんです。
有難うございました。
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様!

ほんと、たかが1600されど1600だよね!

天気も良かったみたいだしピーク楽しめたんじゃない⁉︎

でも女子のメンバーもそれぞれがソロでテント泊する!
って凄い事だと思うなぁ!
それだけ、荷物も重くなる訳だし(~_~;)

野伏は、滑り系の人以外入山者はほぼ居ないからまったりテント泊で行くのも、このレポ見て良いなぁ!
って思ったなぁ(^_^)


尾根の歩きごたえは、されど1600

ヒロさん!

天気がホント良かったんですよ~
女子達!なかなかやるでしょ!女子のザック重量も18㌔と、上手くパッキングしてくるんです。
夏に穂高にテント泊縦走も行きたいなんて言ってるんですよ!

来シーズンは2号さんもご一緒に野伏~南に縦走とかして、白山中居神社に抜ける、
尾根歩きとか~森抜け!とか行きたいもんですね~

プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク