FC2ブログ

野伏ヶ岳(2014.4.12~13)前編

今回は雪が有る時しか入山しにくい野伏ヶ岳へ1泊2日のツアー

事前の天気予報だと悪かったが、ご覧の晴天


野伏ヶ岳 (46)

今回の山行は一日目は和田牧場跡にてテントを設営し、余計な荷物はテントへ!
アタックザックに必要な荷物だけ持ち、アイゼンにピッケル装備し山頂へ

二日目はテントを回収し下山する!アバウトな説明ですがこんな感じ(^_^;)

春を迎えた野伏ヶ岳。
雪が残る残雪期で今回のアタックが今期最後のチャンス。

天候に期待しいざ野伏ヶ岳へ



金曜日の夜中に駐車場とトイレが有る神社に到着。

各自車内で仮眠をとってもらい、朝の6時起床!

準備を済ませ、いざ野伏ヶ岳へと・・・



野伏ヶ岳 (1)

林道に入ってから、登山地図を皆さんで見てもらいルートチェック!
(ちなみに、販売してる登山地図は無い場所なので、
事前に地形図から登山ルートを手書きで作成したものを皆さんに配布)



野伏ヶ岳 (7)

最初はほぼ林道歩き。
ところどころ日当たり次第で雪は無く・・・


野伏ヶ岳 (187)


歩き出して約1時間。
休憩がてら、アイゼンを付けてもらいます。

ここからは雪もあり、重い荷物では、足が取られやすいので(/ω\)スベッチャウ


野伏ヶ岳 (14)


木々の中を縫うように抜けていきます。
ショートカットは少し急登なのでここは頑張りどころ!



野伏ヶ岳 (19)



ショートカットした場所を質問してくれたアジャパ!勉強熱心で好奇心も旺盛。

近々一人登山も計画中のようヽ(゚д゚)ノ イインデネーノ


野伏ヶ岳 (193)

本日最後の急登!ここを抜ければ、本日の目的地、和田牧場跡に!

野伏ヶ岳 (38)


和田牧場跡まで上がるとご覧の景色!ちゃ~もっちゃんが撮ってくれてました。
この景色まで約1時間40分


野伏ヶ岳 (196)


ここで、今回の目標である、野伏ヶ岳をバックに!今回はスタッフも含め、計8名

晴天とみんなの笑顔が最高でしょ


野伏ヶ岳 (46)


和田牧場跡でテント泊。

広々とし、目標の野伏ヶ岳を見ながら、食事も楽しめるよう、ここで幕営
ニーモのタニと1P/2Pにオビ1P


タニは日本の気候に合わせやすく、真冬以外をカバーできるテント!
居住性と軽量のバランスが最高ですね!

変わって一番手前のオビはインナーがメッシュのテントで、夏を中心に使い勝手がイイ!


DSCN0981

ちゃ~もっちゃんのMSR/ドラゴンテイル!シングルウォールのテントの中でもスバ抜けた居住性を持ち、
設営も吹雪の中であっても、グローブをハメたままで設営楽々なのもいいですね!

僕も前モデルを5年程使用してましたが、お気に入りテントでしたね!(今は破れたので使用できず(/ω\))


DSCN0987


スタッフのヨウコと沼っちのテントは、ビックアグネスのフライクリークのUL1/UL2

このテントは何と言っても収納時のコンパクトさと軽量重視ですが、一人用は1㌔を切ってしまう軽さ!
居住性は山慣れしてる方なら十分なスペースも!3シーズン用テントでこれからの季節は使用頻度UP!

奥に写ってるニーモは先程も紹介したタニ2P!ホッシーのテントだ


野伏ヶ岳 (54)

そして、今シーズンの冬から僕が使用してるのはアンディー1P
またまたシングルウォールテント!これで3つ目のシングルウォールテントです。

一つ目はB◯のハイライト!3シーズン程使用
(とても軽量でしたがインナーポール式が、吹雪や風があり過ぎると立てにくい事から買い替え)
2つ目は先ほどのMSRドラゴンテイル
(破れてなければ今も使用してるかも)
そして、アンディーになった訳ですが、アンディーを使う理由が

①悪天候でもグローブをしてる状態でも設営/撤収がラクであること!
②ドラゴンテイルよりも収納時はコンパクトであった事(ドラゴンテイルは2Pだから当然)
③ソロの雪山登山では結露を考えても、シングルがイイ(自分としては)

細かく書き出すといろいろと理由は有るのですが、今回はこの辺でm(__)m

野伏ヶ岳 (159)



軽くみんなが使ってるテント紹介を済ませたところで!
雪で晴天!っとくれば、テーブル作りε=(ノ゚д゚)ノ


DSCN0993

DSCN1003



完成させるとこんな感じ!!
みんなが顔を合わせながら食事ができ、夜の雑談も盛り上がる事間違いなし


DSCN1013


テーブルも出来たことだし、昼食の時間

本日は山頂にアタック予定なのでサクッとね


野伏ヶ岳 (56)

野伏ヶ岳 (55)

野伏ヶ岳 (58)

軽く昼食を済ませると、アイゼンにピッケルを装備し、いざ野伏ヶ岳のピークへと!

野伏ヶ岳 (60)

今回はここまで!続きは後ほどm(__)m
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

いいねぇ〜野伏!

この時期は足元悪いから最初の林道しんどかったんじゃない?

ここの雪原は風以外怖いもの無いしフラットエリアが広いしテント泊には最高の条件やね^_^

皆のテントも良いしスノーテーブルにさり気無く小枝で飾ったオブジェがメッチャいい感じやわ(^_^)

野伏ピークまでのダイレクト尾根楽しみに見させてもらうね!

懐かしいでしょ

ヒロさん!
僕も野伏ヶ岳は好きな山です。

林道は、結構雪が腐ってましたが、シュートカットルートでも、踏抜きは少なかったですよ

今回はテント場でも風も無く、ホント過ごしやすかったです

ダイレクト尾根はみんなの想像を超える急登続きだったようです(笑)
プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク