FC2ブログ

ハードシェル?ソフトシェル?両方!

どーも、こんにちは!

トオルです。


今回ご紹介致しますのは、

Mountain Hard Wear(マウンテンハードウェア)より

Mixaction Jacket(ミクサクションジャケット)でございます。

IMG_0867.jpg

実はこのジャケット、

ハードシェルとソフトシェルを両方使用した

ハイブリッドジャケットなんですね



胸よりも上の部分、腕やフードなど

耐久性や防風性が求められる部分には

Dry.Q Elite(ドライQエリート)3レイヤーハードシェルを使用し、

IMG_0874_20131020135431c41.jpg

胸よりも下の部分には、

伸縮性に優れ、湿気がこもり難いソフトシェルを使用しています。

IMG_0869_201310201501163c1.jpg


これにより、

重い荷物を背負ってのアプローチやクライミングなど、

汗やウェア内の湿気が気になるシーンに使いやすいジャケットになっています


要は、両方のイイトコドリをしたジャケット!ってことですね!

実際、自分は中々の汗かきさんなので

冬季でも登山をする際、

テント場までのアプローチにはソフトシェル

ピークアタック時にはハードシェル

と使い分けていますが、このジャケットが有れば

これ一つで、両方持って行く必要が無くなるんじゃないの……!?

なんて考えています。

もちろん、雨ではなく雪しか降らない事が条件ですが…


では、機能性はと言いますと…

前述した通り、

上部がハードシェルで下部がソフトシェルになってまして、

ハードシェルには蒸れないことで定評のある、

Dry.Q Elite3レイヤーが使われています。

ソフトシェル部分は脇下から上腕の裏側まで使われており、

IMG_0870.jpg

裏地は軽い裏起毛になっているので保温性も備わっています。

IMG_0882_20131020150512a6c.jpg

フードはヘルメットに対応した造りになっており、

ジャケットの外側の首元にドローコードが付いているので

IMG_0876_20131020150520034.jpg

フロントジップを開けなくても調整ができるようになってますね。


ハーネス着用時でも使用可能なチェストポケットは

開口部が大きく開き、深めに作られています。

IMG_0871_20131020150514211.jpg

更に、ジャケット内側にも大きめのメッシュポケットが左右両方に付いており、

IMG_0872.jpg

左側には小物を入れるのに便利なジッパー付きのポケットが有ります。

IMG_0873_20131020150517435.jpg

フロントファスナーはダブルジップになっており、

IMG_0878_201310201507063f9.jpg

ウェアの裾を絞るドローコードも付いているので、

IMG_0879_20131020150702f6d.jpg

冷気の侵入を防ぐことが出来ます。


さて、色々と説明してまいりましたがいかがでしたでしょうか?

この冬、このジャケットを試してみたい気分になりましたでしょうか?

ちなみに私は、非常に気になっております!(笑)

気になった方は、ぜひ店頭まで!

もちろんオンラインショップもご利用いただけますよ!!
(オンラインショップはコチラ)


では、今回はこの辺りで…

トオルでした!
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク