FC2ブログ

2011.10.29 御在所岳 ナイトハイク

P1050034.jpg


企画していたのは御在所岳の日帰りトレッキングだったんですが、
ナイトハイクをやりたいとの要望に応え、前夜に出発していざ御在所岳へ!!







みんなが集合したのは28日の24:00頃、そこから3時間かけて三重県まで!

紅葉の見ごろとなっていたのと抜群の天気!どうなることやら…


御在所岳についたのは3:00ちょっと過ぎ、
ナイトハイクなんでカメラがしょぼいのであんまりきれいな写真が撮れていないんです。
でも月明かりがほとんどなく星がすごくきれいで、みんなのテンションが上がる上がる(喜)


蒼滝の登山口から登りだして、今回は先頭を変わりながらヘッテンを駆使してもらい
目印のテープを探しながら登ってもらう。
僕は一番後ろからのサポート。

P1050019.jpg

藤内小屋まではらくらくトレイルも見失わず到着!


P1050020.jpg

みんなのヘッドライトが暗いので電池を交換してもらうと明るさ復活、
みんな電池を入れたまま保管していたらしい!
今度からは面倒くさくても電池は抜いておきましょうね。


ここからは国見尾根を登って国見岳を目指す。
最初っから急登がつづくので結構みんな疲れたかな(汗)


P1050022.jpg

P1050023.jpg

今回はNちゃんがかなり頑張っていた!
男どもが登るペースにガシガシついて来るのは正直びっくりした!

Kずくんは久しぶりの山だったので終始楽しそうだったw


P1050026.jpg

そうこうしていたらだんだん明るくなってきた!
P1050030.jpg

みんなで記念に。
カメラがほしい…
もっときれく撮れるはず!

ここまで上がってくると風もあり寒かったが、
みんなレイヤリングは完璧なので全然問題なし!
レイヤリングの大切さは体感するのが一番!
感じ方は人それぞれなんでこれさえあれば大丈夫とか、
そんなに寒くならないでしょう?とか、
そんなのは行ってみないとわからないので安易に考えていると
山の上寒い思いをしなければならない…寒いだけならいいが
それ以上のことも起こりうるのでしっかりレイヤリングはしなくてはならない。


P1050031.jpg

P1050032.jpg

P1050035.jpg


ゆるぎ岩に着くとAのっちが岩の上に立ちたいというので登ってもらうと
岩がぐらぐらと揺れる!見ている分は揺れているようには見えないので
みんなAのっちに『大げさやわ』と言いながら登ろうとしたが揺れにびびってしまい、
結局ほかの男たちは岩にすら登れてない(爆)


P1050037.jpg

P1050038.jpg

石門に着いた時には夜が明けていた…

P1050041.jpg

P1050042.jpg

P1050040.jpg


そこからっちょっと移動してお腹がっへたのでご飯を食べることに!
各々いろんなものを持ってきていたが一人鍋が人気!
自分も豚もやし鍋で体をあっためる(旨)


お腹が膨れれば眠気が…
小一時間仮眠をとって思いのほかみんな爆睡!
暑すぎて目が覚め登山者も増えてきたの下山することに。


P1050043.jpg 

山上公園を経由して中道で下山するのだが、
人、人、人…
すごい数の登山者!

カメラを出すこともなく下山で撮った写真が『負ばれ岩』での一枚のみ(泣)
渋滞の切れ目を見つけてはすたすた下山していき、
キレットでは怖がって降りれない人待ちで渋滞、
その点クライマーばかりなので楽勝で登り切りノンストップで下山


P1050045.jpg

P1050046.jpg

今回はNちゃんがすごい頑張った!
登りも下りもかなりきつかったと思うけど
こんなに歩けるなら今後いろんな山に挑戦してもらいたいですね。

今回も怪我もなく楽しいツアーでした。
みなさんお疲れ様でした。




スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク