NEMO(ニーモ)のOBI(オビ)をご紹介!

どーも、こんにちは!

トオルです。


今回、ご紹介するのは

以前からPick Up Item 等で取り上げてました(ブログはコチラ)、NEMO(ニーモ)のテント!

その中から、OBI 1P (オビ1P)

先日の赤岳テント泊ツアーで使ってきたので、

どうぞご覧下さい!!(NEMOのオンラインショップはコチラ)


IMG_7563.jpg





こちらの OBIなんですが、よくあるご質問の一つに、

同じく NEMO から発売されている TANI シリーズとどう違うの?

というのが御座います。

1番の違いはというと、内側のインナーフライが

フルメッシュになっていることですね!!

IMG_7571.jpg
(コチラがOBI1P)

IMG_7677.jpg
(コチラがTANI1P)

これにより、内部の空気がこもり難くなっており、

夏場などこれからの暑い季節には持って来いの仕様になっています!

ですが、暑い時期じゃないと使えないってこともなく、

実際、今回使ってみた私の感想では、

まだまだ夏場の暑い気候ではなかったですが、

寒さを感じることなく、眠ることが出来ましたよ!
(夜中のテント内の温度で約5℃~7℃位で、
薄手のインシュレーション着用、760FP・ダウン量300gのシュラフを使用)
 

設営に関しては、いたって簡単!

折り畳まれているポールを伸ばして、

ポールの先端をインナーフライの四隅についているコーナーアンカーに

IMG_7660.jpg

パチッとはめ込み、テンションがかかったポールに

インナーフライについているフックを引っ掛けて行きます。

次にフライシートをかぶせて、コチラも四隅に付いている

フックをコーナーアンカーに引っ掛けて完成!

後は、状況に応じてガイラインを張って強風に対応する感じですね。



コチラが頭側。

インナーフライのフロア部分が立ち上がっている事により、

フライシートの使用量を減らし、軽量化とベンチレーション効果を両立させています。

IMG_7564.jpg

アップではこんな感じです。

IMG_7568.jpg

真中部分にガイラインを付けることにより

ベンチレーション効果をアップさせることが可能です!


コチラが足側。

IMG_7565.jpg

頭側に比べて25cmほど細くなっています。


1Pの場合は出入口が片方だけですが、

IMG_7566.jpg

2Pでは両サイドに出入り口が付いています。


コチラが前室ですね。

IMG_7567.jpg

置いてあるのはゲイター、アイゼン、ピッケル、トレッキングポール

といったところでしょうか。

これに、登山靴をおいてもまだ十分な広さがありますね!


参考までに、サイズスペックは1Pの場合はこんな感じに、

14-size.jpg

2Pになるとこんな感じです。

15-size.jpg

今回、私は1Pを使用しましたが

1人で使う分には不自由なく使えましたよ。

ですが、広さが欲しい方は1人で2Pを使うのもアリかもしれませんね。


そして OBIシリーズは軽い

最少重量が1Pで1,13㎏2Pで1,36㎏となっています。

実はこの重量、TANIシリーズと比べると

それぞれ約200g程軽い仕様になっています!

その分、TANIシリーズはサイズが大きくて

内部が広く、居住性が高くなってるんですけどね…


そして、以前にもお伝えしましたがOBIシリーズは昨年よりも

それぞれ¥5,000定価が下がって、お求め安くなりました!


この夏、軽量コンパクトなテントをお探しの方

NEMOOBIはいかがでしょうか!!(オンラインショップ、OBI1Pはコチラ、OBI2Pはコチラ)
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

OBI 1PかTANI 1Pどちらか迷っています。
OBI 1Pはフルメッシュで結露が心配されるのですがどうでしょうか?
またTANI 1Pはペグ等足りなく買い足す様な事が調べていると書かれていますが
OBI 1Pは買い足す様な事はないのでしょうか?

Re: No title

GINO 様

コメント有難うございます。
自分が使ってみた感想では、使った時期が夏場ではなかったので
結露することはありませんでしたが、
これからの時期での使用を考えると、
結露してしまうのは仕方が無いことのように思います。
また、ペグの本数ですが
予備を持って行ったり、ガイラインをしっかり張ることを考えると
買い足さないと足りないと思います。
他にご質問等有りましたらお気軽にどうぞ!

Heimat berg
浦野 徹


> OBI 1PかTANI 1Pどちらか迷っています。
> OBI 1Pはフルメッシュで結露が心配されるのですがどうでしょうか?
> またTANI 1Pはペグ等足りなく買い足す様な事が調べていると書かれていますが
> OBI 1Pは買い足す様な事はないのでしょうか?

No title

浦野 様

回答ありがとうございます。
どちらかといえばTANIの方がフルメッシュではない分
結露しにくいですか?

収納サイズ:若干TANIの方が大きいですがギリOK
値段はOBIの方が安いがやはり結露を考えると高くてもTANI?
・・・・とどっちもどっちなので悩んでしまうので質問させていただきました。

スバリ!浦野様のオススメは?(笑)

Re: No title

GINO 様

ご返信有難うございます。
早速ですが、
結露に関してで言えば、
TANIの方がしにくいのかなとは思います。
が、逆に全く結露しないテントかと聞かれれば
そんなことはありませんので‥
多少なりとも結露は避けられないと思います。

私のオススメで言わせてもらうと、
夏の暑いシーズンだけの使用を考えるなら、
断然フルメッシュのOBIですね。
ですが、春や秋など山の朝夜が冷え込むシーズン
までの使用を考えるのならば、TANIが使いやすい
のかなとは思います。

Heimatberg
浦野 

No title

浦野 様

お返事ありがとうございます。
設営は同じくらい簡単ですか?

Re: No title

GINO 様

設営に関してですが、
どちらも簡単です!
強いて言えば、
2本のポールを交差させて設営するTANIよりも
1本のポールを伸ばして設営するOBIの方が、
簡単ではないかと思われます!

Heimat berg
浦野

No title

浦野 様

今回はいろいろとありがとうございます。
再度検討し購入したいと思います。
ありがとうございました。

Re: No title

GINO 様

少しでも参考になりましたでしょうか?
また、ご質問等御座いましたら、
お気軽にご相談ください!

Heimat berg
浦野
プロフィール

heimatberg

Author:heimatberg
『Heimat berg』

兵庫県加古川市加古川町平野3-3
079-490-2718
hp http://heimatberg.jp/

Twitter
heimatbergをフォローしましょう
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク